乙女な先輩と、恥ずかしかった自らの勘違い

先日、職場の先輩から、「趣味のガーデニングが良い感じになって、見てほしいから家に遊びにおいでよ」と誘われました。
男の先輩なので、『男性がガーデニングなんて珍しいな』と思っていました。
他にも何人か誘ったというので、他の人達とも楽しい時間が過ごせると楽しみにしていました。
そして今日、教えてもらった先輩の家に到着すると、家の前から既に花が沢山ありました。
ただ、他の人の車が無かったので、自分が一番乗りかなと思っていたら、迎えてくれた先輩が一言。
「他の人は来れなくなった」
一瞬固まりました。
先輩とは仲が良いですが、二人きりというのは、さすがにどうなのかと。
そして、実は本当は誰も誘っていなかったのでは?騙された?とも思いました。
そう思い始めてからは、凄く気まずくて、早く帰ることばかり考えていました。
でも先輩は、そんなことなどお構いなしで、花の説明を永遠続け、その後、家の近くのオシャレなカフェに案内してくれて、お茶をして解散となりました。
聞いた話によると、本当に他の人は都合が悪くなり来れなくなっただけだったそうです。
先輩は、純粋なただの女子力高めな人でした。
それを、騙して連れ込んだのでは?と思った自分が、凄く恥ずかしくなりました。
ただ、やっぱり気まずいので、他の人が来れなくなったなら、事前に連絡が欲しかったです。酵素ドリンク ランキング